本日申し込みをいただいたのですが…

矢口の日報

不動産購入は時に残酷

 

本日、新築一戸建てのお申し込みをいただいたのですが、先方のお客さんとのタイミングの差で一番手の権利を獲得することができませんでした。

 

住み替えなればいけない理由もお伺いしておりましたので、私もなんとか一番手にならないか、またお客様自身も最大限の努力をしてくださったにも関わらず結果的にそうなってしまい申し訳なく、私自身も非常に残念な想いです。

 

せっかく見つけた良い物件を買い逃してしまい、“すぐに次の物件”というのも中々難しいのですが、引き続きご提案をさせていただき、希望の物件にお住み替えできよう、できるかぎりご協力させていただければと思います。

 

“思いやり”と”営業トーク”は紙一重

 

不動産営業をしていると、こういった経験は何度かあります。

 

営業マン自身は不動産が急に売れることを肌で感じているのでお客様にその事実をわかってもらうべく説明をするのですが、一歩間違えると“ただ急かしている営業マン”と思われてしまいます。

 

(事実、そういう営業マンがいることも事実です)

 

こういったことが本当に起きうる可能性があること、また、信頼関係の中で営業トークでないということをお客様に理解していただくこと、信じていただくことができるかどうかはその営業マンにかかっています。

 

目の前でガッカリさせてしまうのは、営業マンとしても非常に心苦しい想いです。

 

それがお客様を思う故の行動であれば、ときにははっきり伝えることも不動産営業マンの使命であり、仕事の醍醐味でもあります。

 

 

それではまた