新築一戸建て購入後のランニングコストってどれくらいかかるの?マンションと比較してみた

知らないと損する10箇条

 

奥様代表
奥様代表

新築一戸建て購入後のランニングコストってどれくらいかかるの?

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

 本記事の内容

  • 新築一戸建て購入後にかかるランニングコスト
  • 各項目と概算費用
  • 一戸建てとマンションのランニングコストの比較

 

 

 この記事を書いた人

株式会社ホームパートナーズ

代表取締役 矢口 達也(@tatsuyaguchi)

【宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー】

東京・神奈川・埼玉エリアの新築一戸建てを仲介手数料0円でご紹介しています。

 

 

こんにちは、株式会社ホームパートナーズ代表の矢口です。

 

今回は、「新築一戸建て購入後のランニングコスト」について詳しく解説していきます。

 

 

奥様代表
奥様代表

買った後いくらかかるかは確かに気になるわね

 

 

代表 矢口
代表 矢口

住宅ローン以外のランニングコストもしっかり把握しておくことが大切です

 

 

新築一戸建て購入後にかかるランニングコストの項目

 

早速ですが、新築一戸建て購入後にかかるランニングコストの主な項目はこちら。

 

 新築一戸建てのランニングコストの項目 

  • 火災保険・地震保険料
  • 固定資産税・都市計画税
  • 家のメンテナンス費用
  • ホームセキュリティ費用

 

一つづつ詳しくみていきましょう。

 

火災保険・地震保険料

 

文字通り、火災や地震によって家が破損、倒壊してしまった際に適用となる保険のこと。

 

住宅ローンを組んで家を買う方の場合、火災保険への加入は原則必須となります。(地震保険は任意)

 

保険料や保険プラン、加入期間は保険会社によって異なりますが、2021年8月現在どこの保険会社も10年間が最長の保険期間となっており、保険期間が長ければ長いほど保険料は割安となります。

 

 

奥様代表
奥様代表

最近は災害も多いから必ず加入しておきたいわね

 

 

ちなみに、近年は災害の多さから保険料が徐々に上がっており、2022年を目処に最長の保険期間が5年に見直される方針です。

固定資産税・都市計画税

 

不動産(土地、建物)を所有するとそれに対して毎年固定資産税と都市計画税がかかります。

 

▶︎固定資産税

固定資産税は、1月1日(賦課期日)現在の土地、家屋及び償却資産(これらを「固定資産」といいます。)の所有者に対し、その固定資産の価格をもとに算定される税額を、その固定資産の所在する市町村が課税する税金です。

>国税庁公式ホームページより抜粋

 

▶︎都市計画税
都市計画税は、都市計画事業又は土地区画整理事業に要する費用に充てるために、目的税として課税されるものです。
>>国税庁公式ホームページより抜粋

 

 

代表 矢口
代表 矢口

この二つを合わせて固都税(ことぜい)と呼んだりします

 

 

この税金は不動産を所有している限り永久にかかる税金となっており、土地や建物の評価額によって税金が異なります。

 

 

家のメンテナンス費用

 

マンションと違い、一戸建ての場合は必要に応じて自分でメンテナンスを行う必要があります。

 

 

奥様代表
奥様代表

具体的にはどんな費用?

 

代表 矢口
代表 矢口

例えばこんな費用

 

 一戸建ての主なメンテナンス項目

  • 外壁の塗装
  • 屋根の塗装
  • シロアリ駆除
  • 畳の張り替え
  • クロス(壁紙)の張り替え
  • 水回りの交換

 

ただし、マンションと異なるのは、メンテナンスの時期や頻度はあくまで自分次第であると言うこと。

 

 

奥様代表
奥様代表

必要であればやるし、必要がなければやらなくても良いってことね

 

 

代表 矢口
代表 矢口

ただし、外壁や屋根など、雨漏りに関わる部分はこまめな対応がおすすめです

 

 

ホームセキュリティ費用

 

一戸建てには通常、SECOMなどのセキュリティがついていないため、必要に応じて設置をする必要があります。

 

 

奥様代表
奥様代表

あとからでも設置もできるの?

 

代表 矢口
代表 矢口

住んだあとでも設置が可能です!

 

 

↓プランによって色々なセキュリティがあります。

 

>>セコムホームセキュリティ公式ホームページより抜粋

 

こちらも設置するしないはあくまで任意になりますでの、必要に応じて要検討です。

 

 

各項目の概算費用

 

各項目の概算費用とメンテナンス時期の目安をまとめました。

 

項目

概算費用

交換目安時期/期間
火災・地震保険30万円(地震保険付き)1年〜10年ごと
固定資産税・都市計画税20万円/年半永久
ホームセキュリティ7,000円/月必要な分
外壁塗装100万円前後築10年〜15年ごと
屋根塗装30万円前後築15年ごと
シロアリ駆除30万円前後築5年〜10年ごと
畳張り替え20万円前後築15年ごと
お風呂交換100万円前後築20年ごと
トイレ交換50万円前後築20年ごと

※1上記費用は概算費用の為、建物の大きさ、グレードによって金額が異なります。

※2交換目安時期はあくまで目安となっており、ご自身の判断によります。

 

20年でかかる費用を計算してみると、約950万円のランニングコストが、月々で計算すると約39,583円のランニングコストが発生することがわかります。

 

 

奥様代表
奥様代表

思ったよりかかってびっくり

 

代表 矢口
代表 矢口

築年数が経つにつれ、交換のリスクも高まるため計画的な貯蓄が必要です

 

 

節約できる費用はあるの?

 

 

奥様代表
奥様代表

できる限り費用を抑えたいんだけど、節約できる方法はあるの?

 

代表 矢口
代表 矢口

残念ながら節約できる費用はありません

 

 

もちろん、メンテナンスの際に選ぶものを安く抑えると言う方法はあります。

 

ただし、それ以外には税金や経年劣化で交換が必要になる可能性が高いものとなっており、長く住めば住むほど費用がかかってきます。

 

 

奥様代表
奥様代表

安全に生活するためには仕方のない出費ね

 

 

ただし!

 

火災保険・地震保険については、地震保険をつけず火災のみを保険範囲とすることで保険料を30万円から10万円前後(保険期間10年)に減らすことができるほか、固定資産税については築年数が経過するにつれて建物評価額が下がるため、徐々に税金が安くなっていきます。

 

 

マンションのランニングコストとの比較

 

最後にマンションに住んだ場合のランニングコストと比較してみましょう。

 

マンションに住むにあたってかかるランニングコストは主にこちら。

 

項目概算費用
管理費約13,000円(都内平均)
修繕積立金約20,000円/月
駐車場代約30,000(都内平均)
火災・地震保険100,000円(10年ごと)
固定資産税・都市計画税250,000円/年
お風呂交換100万円前後
トイレ交換50万円前後

※1コンクリートの為、一戸建てと比べ火災保険料が安くなる傾向があります

※2コンクリートの為、建物評価額が上がる分固定資産税が高くなる傾向があります

※3修繕積立金は上昇を加味して設定しております

 

 

奥様代表
奥様代表

お風呂やトイレは修繕積立金で治せるんじゃないの?

 

 

代表 矢口
代表 矢口

修繕積立金はあ廊下やエントランスなど、あくまで共用部分のみが対象となるため、部屋の中のメンテナンスは実費になるんです

 

 

これは意外と認識の違いが多いの注意が必要です。

 

それも踏まえて一戸建てと比較してみると

 

項目一戸建てマンション
火災・地震保険30万円/10年10万円/10年
固定資産税・都市計画税20万円/年25万円/年
ホームセキュリティ7,000円/月なし
外壁塗装100万円前後修繕積立金に含む
屋根塗装30万円前後修繕積立金に含む
シロアリ駆除30万円前後修繕積立金に含む
畳張り替え20万円前後20万円(ある場合)
お風呂交換100万円前後100万円前後
トイレ交換50万円前後50万円前後
管理費なし1.3万円
修繕積立金なし2万円
駐車場代なし(車庫付きの場合)3万円
20年のランニングコスト約950万円約2,180万円(畳張り替え除く)

 

20年住んだ場合には、マンションの方が約1200万円ほど高いと言う結果に。

 

 

奥様代表
奥様代表

月々で計算すると約5万円ほど違う計算ね

 

 

代表 矢口
代表 矢口

特に東京都内では駐車場代が高額な傾向にあり、車を持つかどうかで大幅にランニングコストが変わります

 

まとめ:目先の費用だけでなくトータルで検討する視点も大切

 

いかがでしたでしょうか。

 

あくまで概算費用にはなりますが、実際に目で見ることでここまで大きな差が出ることに驚いた方もいるかと思います。

 

 

代表 矢口
代表 矢口

実際にマンションから戸建に住み替える方の多くはこのランニングコストの削減が理由の方が多い印象です

 

 

また、一戸建てについてはご自身で計画的な積み立てが必要となりますので、どういった費用がかかるのか事前に把握し、計画的に資金繰りをしておきましょう。

 

 

奥様代表
奥様代表

長い目で見て無理のない計画が必要ね

 

 

 

 

東京・神奈川・埼玉エリアの新築一戸建ての仲介手数料が0円!

 

ホームパートナーズでは上記エリアの新築一戸建てを仲介手数料0円でご紹介しています。

 

5,000万円の新築一戸建ての場合、仲介手数料約170万円が0円に!
代表 矢口
代表 矢口

詳しくは下記リンクよりご覧ください