営業マンにとって大切なこと

矢口の日報

小さな約束を守ること

 

こんな営業マンがいます。

 

「本日中に資料をメールで送りますね」

 

次の日

 

「先日お送りするはずの資料ですが、昨日上司の確認が遅れ本日になっていました」

 

この時点でこの営業マンにお願いすることはありません。

 

 

つまり、小さな約束を守れるか守れないか、これは営業マンにとってかなり大切です。

当たり前のことですが、おそらくこれに気づいていない営業マンが多い。

 

 

これができない人とはトラブルになる

 

世の中にはこの約束が守れない営業マンって結構多いんです。

 

会社の代表としてWeb制作会社や税理士、住宅ローン担当と話す機会が多いですが、

 

「〇〇までに確認して連絡します」と言っても全然連絡が来なかったり、

 

依頼していた期日を過ぎる直前に

 

「すいません、やっぱり間に合いません」と言われたり。

 

 

おそらく依頼する側と依頼を受ける側に、その依頼に対する思いや熱量の違いがある時、こう言ったことが起きてしまうのではないかと思います。

 

 

 

代表 矢口
代表 矢口

特に不動産取引においては大きなトラブルになりかねません

 

 

普段お客様から依頼を受ける側の身としては、受け手になって改めて思うことが多く、

 

「悪い意味で反面教師として、お客様に対して今まで以上に気をつけよう」

 

 

そんなことを感じた日でした。

皆さんも約束を守れない営業マンには気をつけてください。

 

 

 

それではまた