大手不動産会社と地元の小さな不動産会社の違いは?メリット・デメリット

マイホームを賢く購入

 

奥様代表
奥様代表

大手不動産会社と小さな不動産会社、サービスの違いはあるの?それぞれのメリット・デメリットは?

そんな疑問にお答えします。

 

 この記事の内容

  • 大手不動産会社のメリット、デメリット
  • 地元の小さな不動産会社のメリット、デメリット

 

こんにちは、株式会社ホームパートナーズの矢口です。

 

不動産を購入、売却する際、ほとんどの方は最初大手の不動産会社に問い合わせると思います。

 

しかし、実はあなたのニーズによってはあえて小さな不動産会社に依頼した方が良い場合もあるんです。

 

今回はそれぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう!

 

大手不動産会社を選ぶメリット

 

大手不動産会社を選ぶメリットはこちら。

 

 大手不動産会社を選ぶメリット

  • 顧客が多いので売却の際は買い手がすぐに見つかる可能性が高い
  • その会社でしか買えない自社保有物件がある
  • 中古物件購入時のサポートが手厚い

 

売却の際は買い手がすぐに見つかる可能性がある

 

店舗数が多いので、各地域、各駅の店舗に常に顧客を抱えています。

 

その為、売却を依頼する際は、既存の顧客の中で探している条件がマッチする可能性が高い場合があります。

 

もちろん、この辺りはタイミングによるので、あくまで可能性論の話です。

 

自社保有物件がある

 

一般的な不動産仲介会社で紹介できる物件は、そのほとんどが全国どこの不動産会社でも紹介が可能な物件です。

 

しかし、大手不動産会社では、土地の仕入れから販売までを自社で一貫して行なっているケースがある=自社で専門に販売している物件があります。

 

  • 三井不動産レジデンシャル→ファインコート
  • 野村不動産→プラウドシーズン
  • オープンハウス→オープンプレイス

 

やぐち
やぐち

上記は全てその会社を通してしか購入することができません

 

中古物件購入時のサポートが手厚い

 

個人の方が売主となる中古物件(マンション、戸建含む)には、通常アフターサポートはつきません。

 

しかし、大手不動産会社を通して中古物件を購入するとサービスの一環として、住んだ後一定の期間のアフターサービスや、購入前の物件の点検(ホームインスペクション)がついているケースがあります。

 

やぐち
やぐち

サービス内容は会社によって違うので事前に確認が必要です

 

大手不動産会社のデメリット

 

大手不動産会社にもデメリットがあります。

 

 大手不動産会社のデメリット

  • 仲介手数料が安くならない
  • 営業マンによって知識や経験値にかなり差がある
  • 営業マン個人や店舗ごとにノルマがある

 

仲介手数料が安くならない

 

不動産購入、売却時には仲介手数料と呼ばれる不動産仲介会社に対して支払う手数料がかかります。

 

関連記事

不動産売買の仲介手数料の仕組みと金額をわかりやすく解説

 

大手不動産会社では、広告費や好立地の事務所家賃、人件費にかなりの固定費用が発生する為、仲介手数料を割引くことができません。

 

仮にできたとしても、数十万円、MAX50%オフがいいところです

 

一方で小さな不動産会社では、人件費がほとんどかからず、広告費用も大手不動産会社ほどかけていない為、仲介手数料の割引等の対応において比較的融通が効くことが多いです。

 

やぐち
やぐち

物件金額にによって100万円以上費用が変わることもザラにあります

 

営業マンによって知識や経験値にかなりの差がある

 

大手不動産会社には、毎年のように新入社員が入社してきます。

 

その為、大手不動産の営業マン=必ずしも安心できるというわけではありません。

 

特に不動産売買においては最初に担当した営業マンが引き渡しまでを担当するケースがほとんどなので、担当の営業マンが微妙だと結構辛いです。

 

やぐち
やぐち

大手不動産会社の中でも、営業マンによってかなりレベルの差があることは理解しておきましょう

 

営業マン個人や店舗ごとにノルマがあるのでガッツきが心配

 

ノルマまでは行かずとも、売り上げ目標はあります。

 

その為、見学するタイミングや担当の営業マンによっては結構ガツガツした営業をしてくる場合があります。

 

特に月末はその月の売り上げを決める重要なタイミングになる為、「今月なら金額が安くできますよ」「早くしないと物件なくなりますよ」など、結構強引な手で契約を促してきます

 

やぐち
やぐち

こういったケースで嫌な想いをしたお客様からのご相談は結構多いです

 

小さな不動産会社のメリット

 

小さな不動産会社のメリットはこちら。

 

 小さな不動産会社のメリット

  • 仲介手数料の融通が効きやすい
  • 契約後も接客が丁寧
  • ノルマがないことが多い

 

仲介手数料の融通が効きやすい

 

小さな不動産会社では、大手不動産会社ほど人件費や広告費にお金をかけていない為、多少仲介手数料を削っても利益が出るケースが多いです。

 

その為、仲介手数料の割引に関しての相談は比較的乗ってくれやすいです。

 

中には弊社のように”仲介手数料0円”という会社もありますが、その場合100万円以上お得に購入もしくは売却することができます。

 

関連記事

仲介手数料無料の不動産会社のデメリットは?よく聞かれる質問をまとめてみた

 

契約後も丁寧な接客が受けられる

 

大手不動産会社では、毎日待っているだけで多くのお問い合わせがきます。

 

その為、契約の終わったお客さんに対して多くの時間を割くということが難しく、正直ないがしろにされがちです。

 

実際に前職では契約後のお客さんとの業務は流れ作業のようになってしまい、大きなトラブルはありませんでしたがもう少し深く関われたらいいなと思うこともありました

 

一方で、小さな不動産会社では大手不動産会社と比較すると問い合わせ件数自体は少なくなるため、ある意味一人のお客さんに対して割ける時間が増えます。

 

ノルマがないため営業マンがガツガツしていない

 

先程の大手の例とは逆で、ノルマがないことが多い為営業マンがあまりガツガツしていないことが多いです。

 

特に数人の小さな不動産会社では会社内の営業マン同士の競争がないのも理由の一つです。

 

やぐち
やぐち

人数の多い会社では営業マン同士の競争はつきものです

小さな不動産会社のデメリット

 

続いて、小さな不動産会社のデメリットはこちら。

 

 小さな不動産会社のデメリット

  • 会社名を聞いたことがない為見極めが難しい
  •  自社しか扱えない物件はほとんどない

 

見極めが難しい

 

大手不動産会社に問い合わせるお客さんのほとんどの理由は、「聞いたことのある会社名だから」です。

 

一方で、小さな不動産会社の場合、そのほとんどが聞いたことのない会社名であり、会社の良し悪しの判断が難しいです。

 

大手不動産会社と比べると口コミ件数も少ない為、実際にあってみて判断をする必要があります

 

やぐち
やぐち

とはいえ最後は”人”、担当の営業マンが誰であるかが重要です

 

関連記事

危険な不動産営業マンの特徴5選!当てはまったら要注意

 

自社しか扱えない物件がほとんどない

 

いわゆる不動産仲介業のみ行なっている会社では、自社保有の物件は基本ない為、その会社でしか紹介できない物件は存在しません。

 

つまり、上にも書いたような大手不動産会社が保有している自社ブランドの物件を購入する際は必然的に選択肢から外れてしまうでしょう。

 

ただし、それ以外の物件については基本なんでも紹介が可能です

 

大手も小さな不動産会社もサービス内容の差はない

 

不動産仲介営業マンの主な業務内容はこちら。

 

 不動産仲介営業マンの業務内容

  • 物件の案内
  • 住宅ローンのご提案
  • 契約書の作成
  • 引き渡しに向けた各所とのやりとり

 

これは、どんな営業マンでも、どんな不動産会社でも必ず必要な業務になります。

 

やぐち
やぐち

営業マンによって提案の質の差はありますが会社によって省ける業務はありません

 

大手不動産会社も小さな不動産会社も主なサービス内容は同じなので、ここは判断要素にはなりません。

 

人で選ぶ

 

不動産売買においては「誰から買うか、誰に売却依頼をするか」これが重要です。

 

不動産流通の仕組み上、一つの物件を全国の不動産営業マンが取り扱えるようになっているため、お客様からするとどの会社から買っても同じなんです。

 

であればあとは「誰から買うか」を決めるだけ。

 

  • 連絡が早かった
  • 経験は浅いけど一生懸命やってくれた
  • 知識があって信頼できた

など、判断要素は人それぞれで正解はありません

 

やぐち
やぐち

特に契約したあともしっかりやってくれそうかというのは大事なポイントです

 

とはいえ費用も大切

 

人は大事ですが、とはいえ知識や人柄に大きな差がないのであればやはり費用は大切です。

 

仲介手数料が無料の会社やその他特典がある不動産会社を通して購入、売却を依頼することで100万円費用を節約することができます。

 

住宅ローンとして35年でならせば月々の支払いはそこまで大きな金額にはなりませんが、大きな金額であることには変わりません

 

やぐち
やぐち

一生に一度の買い物なので、ここで遠慮するのはもったいないです

 

まとめ:おすすめはそれぞれに問い合わせること

 

不動産購入、売却において一つの不動産会社にしか問い合わせないのは非常に危険です。

 

なぜなら不動産会社は自分たちに不利になることは基本教えてくれません。

 

営業マン
大手営業マン

仲介手数料無料の会社があるのは知っていますか?

 

こんなことわざわざ教えてくれるはずがありませんよね。

 

実際に大手不動産会社にのみに問い合わせて、高い仲介手数料を当たり前のように支払って購入している人はたくさんいます。

 

実際に問い合わせをしてみて、営業マンや費用面など、比較して上で判断をすることが個人的にはおすすめです。

 

奥様代表
奥様代表

それも含めて何で判断するかは人それぞれってことね

 

新築一戸建てを仲介手数料0円でご紹介するサービス

 

ホームパートナーズでは東京都内を中心に、新築一戸建てを仲介手数料0円でご紹介しています。

 

 5,000万円の新築一戸建てを購入する場合

 

仲介手数料約170万円が→0円に!

 

やぐち
やぐち

詳しくは下記リンクよりご覧ください