【必見】住信SBIネット銀行は代理店を通して審査した方が良い2つの理由

住宅ローンの基礎知識

 

 

困っている人
困っている人
  • ネット銀行は対面式じゃないからちょっと不安
  • 住信SBIネット銀行は代理店があるって聞いたけどネット審査と何が違うの?

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

 本記事の内容

  • 住信SBIネット銀行の代理店について
  • 住信SBIネット銀行は代理店を通した方が良い理由
 本記事の信頼性
代表 矢口
代表 矢口

《この記事を書いた人》

株式会社HOME PARTNERS

代表取締役 矢口 達也(@tatsuyaguchi)

保有資格:宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー

現在、東京都内を中心に新築一戸建てを《仲介手数料無料》でご紹介。

 

 

 

住宅ローンを検討中の方で住信SBIネット銀行が選択肢にあるみなさん、

住信SBIネット銀行の審査はネット審査ではなく代理店を通してください。

 

その理由について詳しく解説していきます。

 

 

結論

 

では、なぜ代理店を通すべきなのか

 

  • 担当者と直接会えるので、書類に不備が起きずらい
  • 金利が安くなる

 

以上の2点。

 

では詳しく見ていきましょう。

 

代理店とは

 

 

そもそも代理店とはなにか。

 

住信SBIネット銀行では通常の銀行とは異なり、いくつかの正規代理店が用意されています。

 

 

一般的な金融機関の場合、住宅ローン審査を行う際の書類の提出先はあくまで借入を希望する金融機関の窓口です。

 

(三菱UFJ銀行なら三菱UFJ銀行の窓口、auじぶん銀行ならauじぶん銀行の窓口)

 

 

しかし、住信SBIネット銀行では東京都内をに正規代理店を用意しており、その代理店を窓口にして住宅ローン審査を受け付けることが可能です。

 

 

主な代理店一覧

  • SBIマネープラザ
  • グッドボーゲージ株式会社
  • 吉田通信株式会社 など

 

>>住信SBIネット銀行代理店一覧

 

名前は全く違いますが、これらは全て住信SBIネット銀行と正式に契約を結んだ正規の代理店です。

 

代理店を通すことによるメリット

 

担当者と直接対面できる

 

通常のネット銀行では、銀行の担当者とお客様とのやりとりを簡素化する為、住宅ローン審査からローンの契約までのやり取りは全て電話と郵送でのやりとりです。

 

 

その為、書類に不備があればその分進捗が遅れることや、コールセンターの営業時間が決まっている為、遅い時間はちょっとした質問など連絡がつながらなくなります。

 

 

一方、正規代理店の場合、もちろん郵送でのやりとりも可能ですが、住宅ローン審査の申し込みや相談の際は対面での手続き、

 

また担当者個人とのやりとりになる為、営業時間外でも連絡がつながる場合があります。

(代理店同士でも売上を競っている為、担当者のやる気が違います)

 

 

金利プランや支払い方法など、直接会って相談できるという点は、住宅ローンを初めて組む方にとっては一つの安心材料になるんじゃないかと思います。

 

金利が安くなる

 

一番のメリットがこれ。

 

 

実は住信SBIネット銀行では、インターネット経由で住宅ローン審査を行った場合、

 

審査承認後の一番良い金利が0.44%なのに対し、

 

代理店を通して審査を行った場合、

 

承認後の一番良い金利は0.41%になります。

(この記事を書いた2021年7月2日現在)

 

>>金利詳細ページ(住信SBIネット銀行公式サイト)

 

 

つまり代理店を通して審査を行うだけで金利が0.3%も安くなります。

 

 

郵送や電話でのやりとりを行うことによって人件費を削減することが本来の目的でしたが、どうしても一般のお客様とのやりとりとなる為、記入漏れや不足書類などが発生、

 

 

その都度かかる郵送費や手間を銀行側が持つ形となる為、むしろ費用がかかってしまっているの現状のようです。

 

 

こう言った理由から、代理店を通しての審査をするメリットを付帯することにより、徐々にそっちの方向にシフトさせていきたい狙いがあります。

 

代理店を通すことによるデメリット

 

 

デメリットもあって、

 

融資の実行までに少なくとも一度は対面で会わなければいけないということ。

 

実は代理店は全国に存在するわけではなく、

 

東京都はじめとして一部の地域にしか存在しません。

 

つまり、代理店がない地域の場合、融資の実行までにわざわざ一度は代理店に足を運ぶ必要があります。

 

 

住んでいる地域によってはかなりの交通費と時間が必要となる為、そこはマイナスポイントになるかと思います。

 

 

5,000万円のローンを35で借りた場合、

 

  • 0.41%の総返済額は53,681,798円
  • 0.44%の総返済額は53,957,925円

 

その差約27万円 > 移動費+時間

 

この差額を含め、価値があると考えるかで判断するのが良いかと思います。

 

まとめ

 

  • 担当者と直接会えるので書類の不備が起きづらい
  • 金利が安くなる

 

以上2点が、住信SBIネット銀行で審査を行う際、代理店を通した方が良い理由です。

 

 

近くに代理店がある方は、是非積極的に活用していくと良いかと思います。

 

また、不動産会社でも、意外とこの内容を知らない担当も多いので、自分自身のためにも必ず把握しておきましょう。

 

 

>>【住信SBIネット銀行がおすすめな理由】住宅ローン検討中の方必見

 

 

東京都内を中心に、新築一戸建てを検討中の方必見!

 

ホームパートナーズでは東京都内を中心に、新築一戸建てを《仲介手数料無料》でご紹介しています。

代表 矢口
代表 矢口

練馬区・杉並区・中野区・豊島区・板橋区・西東京市・三鷹市で新築一戸建てを検討中の方は是非お声掛けください!

 

 

いえブログTOP