【不動産営業マンが教える】危険な不動産営業マンの特徴5選! 当てはまったら要注意

マイホームを賢く購入

 

奥様代表
奥様代表

営業マンによって良し悪しはあるの?

どんな営業マンに気をつけたらいいの?

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

 

 この記事を書いた人

株式会社ホームパートナーズ

代表取締役 矢口 達也

【宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー】

東京・神奈川・埼玉エリアの新築一戸建てを《仲介手数料0円》でご紹介しています。不動産業界9年。

 

 

 

こんにちは、株式会社ホームパートナーズ代表の矢口です。

 

今回は、不動産業界歴9年の私が「危険な不動産営業マンの特徴5選」というテーマでお話ししていきます。

 

 

特に、不動産購入においては、誰から買うかが非常に重要なポイントです。

契約後にトラブルにならない為にも是非チェックしてみてください。

 

 

不動産会社の規模より担当営業マンの質が大事

 

冒頭にも書きましたが、不動産購入は「どこの会社から買うか」よりも「誰から買うか」これが非常に重要です。

 

奥様代表
奥様代表

どうして重要なの?

 

実は市場に出回っている約70%近い不動産は、どこの不動産仲介会社を通しても購入することが可能です。

 

 

不動産流通の仕組みはこんな感じ。

 

 

 

つまり、REINS(レインズ)に登録されている物件は、全国どこの不動産会社でも取り扱うことが可能です。

 

 

代表 矢口
代表 矢口

特に新築一戸建てにおいては市場に出回っている約70%前後の物件がREINSに登録されています

 

奥様代表
奥様代表

つまり会社によって紹介できる物件数の差はほぼないってことね

 

では、なぜ不動産会社ではなく、担当の営業マンの質が重要なのでしょうか。

 

 

契約から引き渡しまで一人の担当が最後まで行うことが多いから

 

多くの不動産会社では、最初に物件の案内を担当した営業マンが引き渡しが終わるまで一貫して担当を勤めることがほとんどです。

 

 

その為、担当の営業マンが残念な営業マンだった場合、中々大変なことに、、。

 

特に住宅ローン書類の提出期日やその他決めなければいけないことがあった際、この段取りの良し悪しは営業マンによってかなり優劣に差がつきます。

 

 

代表 矢口
代表 矢口

危険な営業マンは総じて期日ギリギリにアナウンスをしてきます

 

 

引き渡しまでのサービス内容は会社によってほとんど差がないから

 

不動産購入における、物件の見学から引き渡しまでの流れ、その間に行うサービス内容については実は全国どこの不動産会社を通して購入してもほぼ違いはありません。

 

 

奥様代表
奥様代表

どおゆうこと?

不動産仲介会社の主な仕事内容は

 

  • 物件のご案内
  • 注意事項の説明
  • 住宅ローンのご提案
  • 売主とのやり取り

 

で、引き渡しを無事終えるまで省ける作業は一切ありません。

つまり、全国どこの不動産仲介会社から家を買おうが引き渡しまでの流れは全く同じなんです。

 

 

代表 矢口
代表 矢口

ちなみに住んだ後のアフターサポートは家を建てた建築主が行うので、不動産仲介会社によるサポート内容の違いはありません

 

 

上記の理由から、結局はどこの会社を通して購入したとしても、紹介できる物件や受けられるサービス内容にはほとんど差がありません。

 

 

奥様代表
奥様代表

つまり不動産による違いがないから、その担当の営業マンの良し悪しが重要ってことね

 

 

危険な不動産営業マンの特徴

 

 

奥様代表
奥様代表

でもどうやって不動産営業マンの良し悪しを見極めればいいの?

 

今回は、不動産業界で9年間働いていて内部のことも知っている私が、危険な不動産営業マンの特徴を5つご紹介したいと思います。

 

 

代表 矢口
代表 矢口

ここでの「危険」=「トラブルが多い」を定義とします

 

 

1.何を聞いても「多分〇〇です」「おそらく〇〇」と返ってくる

 

危険度:★★★☆☆

 

では、何が問題か。

 

 

代表 矢口
代表 矢口

答えは、適当に答えてしまうと言うこと

 

 

不動産営業マンはあくまで不動産仲介業者あり、その物件の全てを完璧に知っているわけではありません。

 

 

奥様代表
奥様代表

どんなことを知らないの?

 

 不動産営業マンも知らないこと

  • 前にどんな建物が建っていたか
  • なぜ売りに出されたか
  • 前に住んでいた人はどんな人か など

 

こう言った内容の質問は事前にいただいていればもちろんお調べするのは当たり前ですが、急に聞かれてもすぐに答えられない場合があります。

 

 

これ自体はある程度仕方のない部分もありますが、問題は、これを適当に答えてしまうこと。

 

 

不動産営業マンの中には

 

 

営業マン
営業マン

たいして重要な質問じゃないし適当に答えておくか。でも言い切っちゃうとリスクあるしな〜…

 

こんな営業マンがいます。

 

 

そんな営業マンが使う手法が

 

 

営業マン
営業マン

おそらく〇〇です

 

 

つまり、リスクを回避しつつ、その場をやり過ごす手法。

こう言った営業マンは大体トラブルになります。

 

 

2.ワイシャツシワシワ、革靴が汚い

 

危険度:★★★☆☆

 

 

代表 矢口
代表 矢口

トラブルが多い営業マンには大体共通しています

 

奥様代表
奥様代表

もちろん綺麗な方がいいけど、そこまで重要?

 

実はかなり重要。

 

トラブルが少ない(ほとんどない)営業マンは、常に意識が仕事に向いているため、忘れると言うことがほとんどありません。

 

その為、お客様のスケジュール管理や売主様との連絡事項など、引き渡しまでスムーズに終わることがほとんどです。

 

 

一方で、身だしなみが汚い営業マンは大抵意識が他のところに向いています。

 

 

代表 矢口
代表 矢口

お客様と会うのに汚い身だしなみという時点で意識が仕事以外にあるのは明確です

 

 

 

私の会社員時代、この身だしなみが整っていない営業マンは総じて成績が悪く、契約したお客様ともトラブルが多かったです。

 

 

もちろん、私の独断と偏見なのでそうでない人もいるかと思いますが、少なくとも売れる営業マンで身だしなみが汚い営業マンは見たことがありません。

 

 

3.連絡がまめじゃない

 

危険度:★★★★☆

 

私も会社の事業として今までにいろいろな取引先とやりとりする機会がありましたが、最初の段階で連絡がまめじゃない取引先とは後々トラブルになり、お取引きを辞めることが多いです。

 

 

不動産営業マンも同じ。

 

 

奥様代表
奥様代表

例えばどんなケース?

 

例えばこんなケース。

 

 

営業マン
営業マン

確認して連絡します!

 

 

 

と言って2、3日連絡がないケースや、

 

 

営業マン
営業マン

終わり次第折り返します!

 

と言って折り返しが次の日になるケース。

 

 

ここで「〇〇までにわかるので少しお待ちください」「今終わったのでですが遅い時間なので明日改めて連絡します」など、ワンクッション入れれない営業マンとは大抵トラブルになるかと思います。

 

 

4.メリットしか説明してこない

 

 

危険度:★★★★☆

 

 

奥様代表
奥様代表

これは結構いるわよね

 

不動産商品は完璧なものがありません。

 

立地が良ければ予算が上がり、予算が下がれば広さが狭くなります。

 

その中からお客様にとってバランスの良いものを探していくのが家探しになるので、メリット・デメリットがあって当然です。

 

 

営業マン
営業マン

この物件は人気物件で買わないと損ですよ!

 

営業マン
営業マン

駅も近くて立地も良くて最高の物件です!

など、良いことばかり言ってくる営業マンには気をつけましょう。

 

 

5.自分のミスを認めない

 

危険度:★★★★★

 

 

代表 矢口
代表 矢口

不動産仲介を行っていると色々なことが起こります

 

 

例えば、住宅ローンの担当のやる気があまりなかったり、司法書士先生からの見積もりが遅かったり。

 

お客様とのやり取り以外にも、関係各所との窓口になって手続きをスムーズに進めるのが不動産仲介業者の役割です。

 

 

実際に外部的要因で、約束の記事に間に合わないこともないわけではありません。

ただし、その可能性も見越して早めに策を打つのができる営業マン。

 

 

営業マン
営業マン

こっちは頑張ってるんですけど先方が動いてくれなくて

 

こう言った営業マンはいざというとき責任をとってくれません。

 

 

奥様代表
奥様代表

信用できないわね

 

まとめ:お客様自身にも営業マンを見極める力が必要

 

上記でご説明したように、会社によって サポートの違いはありません。

 

 

  • 「大きな会社だから安心」
  • 「経験が長い人だから大丈夫」

 

 

ということは、不動産仲介業においてはほとんど当てはまりません。

 

良い不動産営業マンかどうかを判断する上で、お客様側にもある程度の見極める力が必要になってくということは覚えておきましょう。

 

 

奥様代表
奥様代表

最終的には自分で見極めるしかないわね

 

東京・神奈川・埼玉エリアの新築一戸建てを仲介手数料0円でご紹介!

 

ホームパートナーズでは上記エリアの新築一戸建てを仲介手数料0円でご紹介しています。

 

5,000万円の物件の場合、仲介手数料約170万円が0円に!

 

 

代表 矢口
代表 矢口

詳しくは下記よりご覧ください