不動産営業マンの早く申込まないとなくなりますは嘘!言われたら考えるべきこと

マイホームを賢く購入

 

奥様代表
奥様代表

「この物件は人気なので、早く申し込まないとなくなりますよ!」

「○○までに申し込まないと他の方が購入するみたいです」

これって本当なの?

 

そんな疑問にお答えします。

 

 本記事の内容

  • 不動産営業マンがつく嘘
  • 嘘が嘘であるという根拠
  • お客様が注意すべき点

 

こんにちは、株式会社ホームパートナーズ代表の矢口です。

 

営業マン
営業マン

早く申し込まないと物件売れちゃいますよ!

 

こんな営業トークで急かされた経験はありませんか?

 

今回は家探しをしたことのある方なら一度は経験があるであろうそんな営業トークについて、お客様が考えるべき点について詳しく解説していきます。

 

結論:物件がなくなるという営業トークの99%は嘘

 

嘘→「申し込みが入りそうです」

 

正→「申し込みが入っている」

 

理由は主に2つ。

 

 物件がなくなるが嘘の理由

  • いつ申し込みが入るかは売主にもわからないから
  • 購入意思が決まっているならさっさと申し込みを入れているはずだから

 

いつ申し込みが入るかは売主にもわからない

 

お客様が不動産を購入する際、売主に対して“購入申込書(買付証明書)”を提出する必要があります。

 

不動産仲介会社はお客様から申込書をもらい次第、売主に対して予告無しにFAXで申込書を送ります。

 

申し込みはFAXの受信時間ベースで受付の優先順位をつけることが多いので、1秒でも早くFAXを送るのが不動産仲介会社の鉄則です

 

その為、売主側も突如申込書がFAXされてくるケースが多く、いつ申し込みが入るかどうかは予想できないのです。

 

やぐち
やぐち

具体的な相談が来ていることぐらいは売主も把握しています

 

購入意思が決まっているならさっさと申し込みを入れているはずだから

 

上にも書いた通り、申し込みの優先順位は原則受付した順番で優劣が決まります。

 

不動産仲介会社としてはお客様から購入申込書をもらったら、夜中だろうが早朝だろうがとにかく早くFAXを入れるというのが鉄則です。

 

つまり、購入申込書をもらっているにもかかわらずまだ申し込みを入れていないという状況自体矛盾しています

 

やぐち
やぐち

つまり、「申し込みが入りそう」という状況自体がそもそもありません

 

いつ売れるかわからないのは事実

 

営業マン
営業マン

早くしないと売れちゃいますよ

 

これは99%嘘だということは上で説明しましたが、結局のところいつ売れてしまうかどうかは不動産仲介会社にも、売主にもわからないというのは事実です。

 

なので、そもそも不動産営業マンが嘘をついているかどうか確かめること自体が難しく、嘘をついたつもりでも現実になってしまう可能性も十分にあります

 

やぐち
やぐち

とはいえ急かされいるようで気分が良くないのも事実。その場合会社ごと変えるのも手です

 

急かされた時に考えるべきこと

 

結局は売れてしまいそうかどうか、それが営業トークであるかどうか確かめようがありません。

 

なので、お客様がやるべきことは2つ。

 

 急かされた時にお客様がやるべきこと

  • その物件が気に入っているかどうか考える
  • 他の不動産会社にも聞いてみる

 

その物件が気に入っているかどうか考える

 

売れてしまいそうかはわからない=急に売れる可能性があるのも事実です。

 

営業マンの言葉に惑わされず、あなた自身がその物件を気に入っているのか、これが購入を判断する上での本質的な部分です。

 

ストレートにいうのであれば、欲しければ買うしかありません

 

やぐち
やぐち

一度冷静になって、売れてしまって後悔する物件であるかを考えてみることが大切です

 

他の不動産会社にも聞いてみる

 

どうしても担当の営業マンに対して不信感があるようであればこれも一つの手です。

 

ここで同じような回答が来るのか、全く違う回答が来るのかで、その営業マンが本当のことを行っていたかどうかの判断にもなります。

 

どっちの結果になるにせよお客様へのデメリットはないので、どうしても営業マンに対して不信感があるのであれば試してみる価値はありです

 

やぐち
やぐち

ちなみにその際は他の不動産会社に問い合わせていることは伏せるのがベターです

 

まとめ:最後は欲しいか欲しくないかで判断

 

不動産営業マンとしても、何も伝えず売れてしまったときにお客様を後悔させたくないという気持ちがあるもの事実です。

 

しかし、これをどう捉えるかはお客様次第。

 

不動産営業マンとしては事実を伝えているつもりでも、お客様からすると急かされているような気持ちに感じることもあります。

 

最後は営業マンの言葉に惑わされず、”あなた自身がどうしたいか”これを軸に判断をするしかありません。

 

奥様代表
奥様代表

結局は後悔しない選択が重要ね

おすすめ記事

危険な不動産営業マンの特徴5選!当てはまったら要注意

 

東京・神奈川・埼玉エリアの新築一戸建ての仲介手数料が0円

 

ホームパートナーズでは上記エリアの新築一戸建てを仲介手数料0円でご紹介しています。

 

 5,000万円の新築一戸建てでは、仲介手数料約170万円が0円に!

やぐち
やぐち

詳しくは下記リンクよりご覧ください